緊張 型 頭痛 冷やす。 【保存版】緊張型(緊張性)頭痛の治し方・治療法と原因|吐き気やめまいの症状で辛い方必見

緊張型頭痛の予防におすすめの方法

緊張 型 頭痛 冷やす

頭痛は「冷やす」?「温める」? 頭痛の種類によって、冷やす方が痛みが緩和されるのか、それとも温める方がいいのかは異なります。 片頭痛の場合 頭の片側(あるいは両側)が、ズキズキと脈打つように痛み、吐き気を伴うのであれば、片頭痛の可能性が高いです。 片頭痛は体を動かしたときに悪化する傾向にあり、3日程度持続する頭痛を、月に何度か繰り返すというのが特徴です。 片頭痛は、疲労や睡眠不足、女性ホルモンの変化などによって、脳血管が拡張したことが原因で起こるとされているので、 冷やして血管の拡張を抑えるのが有効と考えられています。 痛む部分に、冷たいタオルなどを当てましょう。 なお、片頭痛に対して、入浴などで頭を温めてしまうとますます血管が拡張し、頭痛が悪化するので控えてください。 緊張型頭痛の場合 後頭部から首筋にかけて、頭全体が締め付けられるように痛む場合は、緊張型頭痛の可能性が高いです。 片頭痛とは異なり吐き気は伴いませんが、眼精疲労と併発しやすい傾向にあります。 緊張型頭痛は、ストレスの蓄積や、長時間のPC業務などで同じ姿勢をとり続けたことなどによる、筋肉の血行不良や緊張が原因で引き起こされるものです。 このため、緊張型頭痛であれば、 入浴などで体を温め、血流をよくすることで痛みが緩和しやすくなります。 どの場所を温めればいい? 緊張型頭痛は、首や肩の筋肉の凝りや血行不良が原因のため、首や肩、後頭部などに蒸しタオルを置くのが有効です。 二日酔いの頭痛は「冷やす」が有効 二日酔いによる頭痛は片頭痛と同様、血管の拡張が原因なので、冷やして血管を収縮させるのが効果的です。 また、二日酔いの頭痛に対しては、水分補給をして体内のアルコール濃度を薄めることも大切です。 特にコーヒーなどのカフェインは血管を収縮させ、利尿作用もあるため、二日酔いの頭痛の緩和に効果的と言われています。 生理の頭痛は「冷やす」?「温める」? 女性は生理(医学的には月経というのが一般的です)前、「 PMS(月経前症候群)」によって頭痛が起きることがありますが、PMSの頭痛は、片頭痛の場合(生理中のホルモンバランスの変化により、脳血管が拡張したことで起こる)もあれば、緊張型頭痛の場合(経血が子宮に集まることで、脳への酸素が不足することで起こる)もあります。 このため、頭痛のタイプを見極めて冷やすか温めるかを見極めることが大切です。 おわりに:「冷やす」か「温める」かは、頭痛のタイプによって違う! 頭痛は大きく「片頭痛」と「緊張型頭痛」に分けられ、それぞれで冷やした方がいいのか、それとも温めた方がいいのかは異なります。 頭痛の原因や痛み方などから、どちらのタイプの頭痛なのか把握した上で、対処することが重要です。

次の

【緊張型頭痛】一人で悩まないで!簡単な治し方からおすすめのお薬!|JGS

緊張 型 頭痛 冷やす

頭痛は「冷やす」?「温める」? 頭痛の種類によって、冷やす方が痛みが緩和されるのか、それとも温める方がいいのかは異なります。 片頭痛の場合 頭の片側(あるいは両側)が、ズキズキと脈打つように痛み、吐き気を伴うのであれば、片頭痛の可能性が高いです。 片頭痛は体を動かしたときに悪化する傾向にあり、3日程度持続する頭痛を、月に何度か繰り返すというのが特徴です。 片頭痛は、疲労や睡眠不足、女性ホルモンの変化などによって、脳血管が拡張したことが原因で起こるとされているので、 冷やして血管の拡張を抑えるのが有効と考えられています。 痛む部分に、冷たいタオルなどを当てましょう。 なお、片頭痛に対して、入浴などで頭を温めてしまうとますます血管が拡張し、頭痛が悪化するので控えてください。 緊張型頭痛の場合 後頭部から首筋にかけて、頭全体が締め付けられるように痛む場合は、緊張型頭痛の可能性が高いです。 片頭痛とは異なり吐き気は伴いませんが、眼精疲労と併発しやすい傾向にあります。 緊張型頭痛は、ストレスの蓄積や、長時間のPC業務などで同じ姿勢をとり続けたことなどによる、筋肉の血行不良や緊張が原因で引き起こされるものです。 このため、緊張型頭痛であれば、 入浴などで体を温め、血流をよくすることで痛みが緩和しやすくなります。 どの場所を温めればいい? 緊張型頭痛は、首や肩の筋肉の凝りや血行不良が原因のため、首や肩、後頭部などに蒸しタオルを置くのが有効です。 二日酔いの頭痛は「冷やす」が有効 二日酔いによる頭痛は片頭痛と同様、血管の拡張が原因なので、冷やして血管を収縮させるのが効果的です。 また、二日酔いの頭痛に対しては、水分補給をして体内のアルコール濃度を薄めることも大切です。 特にコーヒーなどのカフェインは血管を収縮させ、利尿作用もあるため、二日酔いの頭痛の緩和に効果的と言われています。 生理の頭痛は「冷やす」?「温める」? 女性は生理(医学的には月経というのが一般的です)前、「 PMS(月経前症候群)」によって頭痛が起きることがありますが、PMSの頭痛は、片頭痛の場合(生理中のホルモンバランスの変化により、脳血管が拡張したことで起こる)もあれば、緊張型頭痛の場合(経血が子宮に集まることで、脳への酸素が不足することで起こる)もあります。 このため、頭痛のタイプを見極めて冷やすか温めるかを見極めることが大切です。 おわりに:「冷やす」か「温める」かは、頭痛のタイプによって違う! 頭痛は大きく「片頭痛」と「緊張型頭痛」に分けられ、それぞれで冷やした方がいいのか、それとも温めた方がいいのかは異なります。 頭痛の原因や痛み方などから、どちらのタイプの頭痛なのか把握した上で、対処することが重要です。

次の

緊張型頭痛って?

緊張 型 頭痛 冷やす

こんにちは。 あなたを「頭痛人生」から卒業させる! 女性の頭痛専門 名古屋みさき整体院 院長 山﨑 みさき です。 日本人のうち、3人に1人が頭痛に悩まされています。 多くの人を悩ませているこの頭痛の対策は、 「冷やす」と「温める」の2つです。 片頭痛と緊張型頭痛、どちらも頭が痛いという症状は同じですが対処法は全く異なります。 逆の対処をしてしまうと、さらに痛みが増してしまうという危険もあります。 それではどのように頭痛のタイプを見分ければいいのでしょうか? 1.直立し、腰を90度まげてお辞儀の姿勢をとる 2.お辞儀をしたまま頭を振ってみる 3.痛みが増したら「片頭痛」、変わらないなら「緊張型頭痛」 片頭痛は血管が拡張しておこる頭痛のため、頭を下にするポーズをすると頭部の血流がよくなって負担がかかり、さらに痛みが強くなるのです。 緊張型頭痛は筋肉の緊張が原因なので、お辞儀のポーズくらいでは痛みに変化はありません。 この頭の痛みがどちらの頭痛なのか?が分かったら、すぐに対処をすることができますよね。 なるべく早めに痛みの原因を見極めて、頭痛対策をするようにしましょう。 《それぞれの対処法》 血管の拡張が頭痛の原因です。 寝不足あるいは寝すぎ、生理による女性ホルモン分泌量の増減、疲労、それに光や音の強い刺激も原因であると言われています。 片頭痛の対処法は「冷やす」こと。 保冷剤などをタオルでくるんで、痛むところに当てて冷やします。 また身体を動かしたり、光や騒音をあびることでも痛みが増してしまうので、静かな暗い場所で横になって休むことも大事です。 一方「緊張型頭痛」は、頭・肩・首の筋肉が緊張して血流が悪くなり、筋肉内に老廃物がたまって神経が刺激されることでおこります。 長時間同じ姿勢を続けていることや、精神・身体のストレスが原因になるとも言われています。 いわゆる「筋肉のこり」が原因なので、対処法としては「温めること」になります。 お風呂に入ったり蒸しタオルを当てるなどして、頭・肩・首の血行をよくしましょう。 また、肩や首の血行をよくするストレッチも有効です。

次の